出産の準備をする

病院で準備しておくと便利なもの

臨月に入り、出産の準備をし始めます。少し早く感じるかもしれませんが、いつ急に陣痛がはじまるか、いつ急に破水するかわかりません。出産のセットとしてバッグにまとめ、陣痛がきたらその荷物と母子手帳を持ってすぐでられるように準備しておくと安心です。病院にもよりますが、自分の着替え・タオル類・洗面用具以外のものは病院から支給がありました。

中身は産褥パッド・アメジストなどの抗菌コットン・トラブル用の薬です。ですが実際はこれだけでは足りなかったです。産後は出血がひどく汚れが激しいので、しょっちゅう着替えます。産褥パッドは多めに用意しておくことがベストです。このとき前開きのもがおすすめです。それは入院中の診察や消毒のときに脱がなくてもいいからです。

あと産褥パッドは、出血が多いかたは足りないと思います。出産し退院してもしばらくの間は出血が続きますし、様子を見ながらサイズを選んで購入するようにするといいです。Lサイズのものは産後4日ほどの間しか使いませんでした。その後しばらくはMサイズで、退院後出血が少なくなれば十分対応できます。アメジストは消毒用のコットンです。

出産時におしもが切れて縫った方はトイレのたびにこれで拭いて消毒しなければいけません。トラブル用の薬は支給していない病院も多いです。赤ちゃんの口に入っても安心なお薬です。あまり効き目はよくありません。おむつやおしりふきは病院のものを使う場合と自分で用意する場合があります。赤ちゃん用のガーゼを用意しておくといいですよ。赤ちゃんはすぐに吐いてしまいますし、沐浴の練習でも使えます。赤ちゃんの着替えなどは退院時まで必要ありません。忘れ物があると慌てることになりますので早めから用意しておきましょう。

臨月になるまで便秘とは無縁だった方も、臨月になると便秘になってしまったという話はよく聞きます。便をだすときにお腹に力をいれるのが怖く感じますし、妊娠による食生活の変化や妊娠によるストレスなど理由はさまざまだと思います。これも食事の内容や食事の摂り方である程度は改善されることもあります。乳製品や繊維質のものを多く摂取するように心がけたり、水分をこまめに摂るようにしたり、体重管理にもつながる食べる順番をかえてみたりです。

空腹時にさきに野菜を摂取すると便秘解消の手助けとなりますので、ぜひ試してみてください。私は、妊娠する前から慢性の便秘症でした。下剤を飲まなければ10日ほどでないことなんて日常的でした。ですが、妊娠すると下剤を飲むことはできません。なんとかがんばってだしていても、5ヶ月をすぎるころからは限界がきます。一人目のときに、もうどうがんばっても出すことができなくなり、お腹も張り、苦しかったので先生に相談したところ、マグミットという薬を処方されました。

私は妊娠経験初めてで薬を飲むことに抵抗がありましたが、これは体に影響はなく、便にはたらきかけて柔らかくするものだと聞いて、安心して飲んでいました。これを飲むとお腹が痛くなることなく、すんなりと出るようになりました。少し柔らかくなりすぎたなと思えば、薬を飲む回数を減らして自分で調節できます。授乳中でも安心して飲める薬です。

便秘からお腹の張りにつながって出産を促したり、出産時に便が溜まっていると赤ちゃんが下におりてこず、難産につながることもあります。臨月になり陣痛はきているのに便が溜まっていて、なかなか赤ちゃんがおりてこず、難産になりました。刺激して便をだすと赤ちゃんがおりてきて、一気に出産がすすみました。早めの改善が必要なので注意してくださいね。

妊婦になって困らないコツ

妊娠生活は10ヵ月ですが、この期間は本当にいろいろなことがありすぎて、すぐに経過してしまうものです。 妊娠すると、まず、つわりが起こって食事がのどを通らなくなります。 食べたくても食べれないという感覚を始めて経験する妊婦さんも多いことでしょう。 この際、食事のにおいもダメになることもあります。 そんなときは、なるべく、においがない食事を食べていれば大丈夫。 無理に栄養のある食事をする必要はありません。 通常、3ヶ月程度でつわりは収まります。

その後、体にいろいろ変化が起こります。 お腹に赤ちゃんがいるわけですから、当然のことですが、妊婦さんにとって体調の不良なことでも、それは赤ちゃんが育っている過程に起こる現象だということをしっかり覚えておくと何かと楽です。本当の体調不良ではないので、時間が経過すれば元通りになります。 もちろん、体調不良のときはつらいです。

体を動かしたくないというときもあります。 そんなときは、食事と同様に無理に動こうとしなくていいのです。 休めという合図なのですから、その合図に素直に耳を傾けるだけでいいのです。 そのとき、身近な人の理解も必要になります。 時に旦那は妊娠を経験するわけではないので、妊婦さんの体のことはわかりません。

なので、妊娠したら旦那に出産するまで普段の生活でできたことができなくなるということをしっかり理解してもらいましょう。 ここまでできれば、安心して出産を迎えられます。 特に臨月に入ると慌ただしくなります。 臨月になったら生まれてくる赤ちゃんの世話をするための準備も早急にしないといけません。 あと、手続きだってあります。 もし、今臨月の妊婦さんはすぐに準備に取り掛かりましょう。